聖が呼ばれた理由はこれだったんだ。イベントホールの事件や、智孝が言っていた次の任務・・・・のメンバーに入っていないことに疑問を抱いていた晟だったが、聖の語る魄や朧についての説明を聞いて納得した。中でも、朧と魄は元々一つ──鬼の力であったということに、有羽は食いつくように聖へと質問する。

「ってことは、魄はその物体のもつ波動を、それ自体を動かすエネルギーに変換するってこと?」
「そう。そして、魄は特に人のマイナスの言葉がもつ波長に合いやすい。だからその言葉から作られている感情自体を増幅させて行動に移すためのエネルギーとなるんだ。とりつかれた人はその間の感情や感覚、記憶はほぼなくなり、欲を満たそうと躍起になる。まさに、鬼のようにね」
「確かに、『鬼』は感情が動かず非道な様子を表すこともあるけど、一つの感情に没頭している状態を表す言葉でもあるわ」

 彩の呟きに聖は頷いてその意見を肯定する。綺麗にまとめてある説明文に目を通しながら、晟も自分の考えを口にした。

「魄とは反対に、朧は自分以外の波動を取り入れてプラスの感情にし、今度はそれを表に出すんだな。『気』や一つの現象として具体化もできるエネルギー、か。つまり、魄がマイナスの力で肉体を動かし、朧がプラスの力で精神を司るってイメージ?」
「そうだね」
「朧を使ってる時は、俺たちの感情もなくなってるってことか?」

 その質問には少しだけ陰りを見せて聖は答える。

「そう、だね……朧は『鬼』の力そのものだと思った方がいい。それが凝縮されて、石という形になってるだけだと。だから朧は、魄から『鬼』を吸収して『白』というまっさらな状態に戻すんだ。字守からは、その人の感情──言葉と鬼の力を魂にして外に出すことができる。いくら自分以外からエネルギーを得られるとしても、それを上回る力を使えば、当然感情や感覚は薄れるし、意識もなくなる。そして寿命も削られてしまう」
「へー! すっごい納得! 面白いね」

 目をキラキラと輝かせて話す有羽に、自分も含め、その場にいた全員が言葉を失った。皆の気持ちを代弁するように、実春が半ば呆れながらも「面白い、のか?」と尋ねる。

「感情や意識がなくなったり、寿命が短くなるんだぞ?」
「えー? ミーちゃんは面白くないの? だって、なかなかない経験ができるんだよ? すごくない? それにさ、もし使い過ぎたとしてもまた補えば問題ないでしょ」
「そうだな。面白いかどうかは別として、自分を保つためにも彩やお前みたいな『講師』がいるんだ。ちゃんと使い方さえわかっていれば問題はない」

 智孝がそうフォローを入れると有羽は顔を輝かせる。

「あの時も言っていたけど、有羽は魄も必要だと思ってるの?」

 今はもうすっかり馴染んだ聖は、有羽の放った意見に疑問を率直にぶつけてきた。有羽はさほど考える様子もなく答える。

「とりつかれた人にとってはツライし、いらないものだと思っちゃうけど、私はその経験はあっていいと思ってる。人間ぽくなるっていうか。何かあれば頭使うでしょ? 私、考えたりするの好きなんだよね。知らないことを知ったりとか、全然違うことなのにつながったりすると面白い! ってなるの」
「……」
「あ、今面白いって思った?」




応援シェアをしてくれると嬉しいです♪

注意

特に記載がない場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。また小説の著作権は作者にあります。
作者以外の方による過度な引用や無断転載は禁止しており、行った場合は著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリー・スマホ携帯対応です。シェアまたはリンクして頂けると嬉しいです。

ご感想・コメント、ぜひお願いします!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です