これは賭けだ。せっかく向こうから舞台を用意してくれたんだ。のってみようじゃないか。
 二日前に仲間から得た情報を元に、智孝は次の依頼内容を話した。補佐や調査を主に担う『影クラス』に向けて話す表向きの内容ではない。今後チームとして動く際に、知っておかなければならない『敵』を調べるためのものだった。

「今回、任務としては『資産家、佐久間氏の護衛』だ。佐久間氏のコレクションである芸術品の中に朧があり、それを狙っている組織の強襲により、ボディガードが1ヶ月以内に5人も亡くなっている。そのため受け渡したいということと、身内に相手への協力者がいるかどうかの調査と特定をする。朧の受け渡しは俺と里紗で行い、調査チームを当日開かれるパーティーの外部と内部からと分けて行う。招待客として数名の影クラスと共に外部から調査するチームをAとし、そのリーダーを野田に。こちらも同様の人数でスタッフとして内部から入るチームをBとし、リーダーを晟に。……とまあ、ここまでが表向きの説明だ」

 こくりと頷き、その場にいた全員が了解の意を表した。続けて。

「ハルからの報告によると、この佐久間はどうやら『流天』という組織に属していて、依頼自体が字守をおびき寄せるための罠らしい」
「ハルちゃんの情報だったら、確実だね」

 弾んだ声で有羽は言った。ハルという人物は、単独での調査を最も得意とし、その正確さでは群を抜いて信頼できる字守──久慈くじ晴臣はるおみのことだ。このメンバーでは晟だけが面識がないので有羽が同じような説明をする。

「字守をおびき出そうとする目的は何でしょうか?もしかして、この流天という組織……」

 そう聞いてきたのは野田実春だった。途中で『答え』をのみ込んだが、彼はそれを他の者に委ねたのだろう。
 きっと野田は気付いている。俺が言わんとしていることに。

「ああ。俺も神谷の話を聞くまでは『もしかすると』と考えていたんだが、あれを聞いたらほぼ『それ』だよな」
「?どゆこと?」

 きょとんとした顔で里紗が聞く。

「晟、お前は今回チームリーダーだから、答えてみろ」

 突然の名指しに、一瞬ぎょっとした顔をするも、晟は既に自分の中で出ていた答えを口にした。

「聖が言ってた『リーズのコアを作るには朧が必要』ってことから考えると、流天が字守を狙う目的は『リーズを作るため』が一番妥当。つまり、流天はリーズを作っている組織の可能性が極めて高い」
「だな」
「なるほど」

 明日香の件があってからというもの、字守としての活動にブランクのあった晟だが、全く問題はなさそうだと改めて思った。




応援シェアをしてくれると嬉しいです♪

注意

特に記載がない場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。また小説の著作権は作者にあります。
作者以外の方による過度な引用や無断転載は禁止しており、行った場合は著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリー・スマホ携帯対応です。シェアまたはリンクして頂けると嬉しいです。

ご感想・コメント、ぜひお願いします!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です