「兵器と思われる人型の生物2体と遭遇しました。1体は仕留めましたが、もう1体には逃げられてしまいました。朧は『兵器の餌』として使用されていることを確認。……すみません、上原がかなり深手を負ってしまったので、1班撤退を試みます」

 そう報告する実春自身も無事ではないのだろう。緊張感とその様子が息づかいで物語っていた。
 大丈夫かな? ミーちゃんが息を切らすとこなんて見たことない。

「2班結城です。応援に向かいます」

 背後と耳に装着しているイヤホンから女性の声が届いた。なかなか下りてこない自分達の安否を危惧してここまできたのだろう。撤退場所の確認をした後に、結城カレンは「なんとなく事情はわかったわ」とマチカをちらりと見てそう言った。

「その子は、あなた達が連れていった方がいいだろうし」

 遼太朗の服をしっかりと握りしめているマチカに笑顔を浮かべる。手短に合流後の行動について話した後、カレンはすぐさま地下へと向かった。
 遼太朗がマチカを抱きかかえ、その前を智孝が歩く。

「マチカ、大丈夫? 怖くない?」
「うん。大丈夫」

 ぎゅっと遼太朗にしがみつくマチカは、言われた通りに目をつぶったまま答えた。その様子に安心した有羽は、後ろに警戒しながらついていく諫美に声をひそめて話しかける。

「人型の兵器ってことは、見た目も人ではないってことだよね?」
「多分ね」
「だよね……朧を餌に使うって、どういうことだろ?」

 パワーストーンとして使える場合もあるから、石を埋めた土で育てるとか? その石の上を流れる水を使っているとか?
 あれこれ可能性を模索していると、急に歩みも思考も先を閉ざされた。目を疑うようなその姿に息をのむ。ミイラのように茶色く干からびた薄い皮膚を全身の骨に巻きつけ、正面入口に近いやや開けた場所にソレはいた。

──生物兵器。皆の頭にその単語が思い浮かぶ。
 実春の言った「人型」の意味をようやく理解する。ソレは皮膚だけではない。肩甲骨から腕にかけての骨が異常なまでに変形し、コウモリの羽のようになっていた。有羽は咄嗟に装備していた銃に手をかける。

「あれ、天使だよ」

 マチカが言った。
 驚き顔を見る遼太朗に、マチカは目を開けてしまったことに怒られると思ったのか「ごめんなさい」と謝る。

「天使?」

 自分のしたことに怒ってないと気付いたマチカは小さく頷く。そして「お父さんが言ってた」と続けた。
 天使……って、どう見ても悪魔にしか見えないけど。

「じゃあ、あれが『エンジェル』か……?」
「そうですよ。でも完成形ではありません」

 びくりとして声の主を探す。メガネをかけ、40~50代と思われる白衣を着た男が、落ち着いた様子で佇んでいた。

「お父さん!」

 声を弾ませてその男を「お父さん」と呼び、マチカは遼太朗から降りて駆け寄った。「お父さん」と呼ばれた男はマチカを抱きとめた後、口元を緩ませただけの笑みで「部屋から出たらダメじゃないか」と言う。




応援シェアをしてくれると嬉しいです♪

注意

特に記載がない場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。また小説の著作権は作者にあります。
作者以外の方による過度な引用や無断転載は禁止しており、行った場合は著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリー・スマホ携帯対応です。シェアまたはリンクして頂けると嬉しいです。

ご感想・コメント、ぜひお願いします!



1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です